読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

消費者庁からレーシック手術に関する注意喚起が行われました @ Level 4.0

手術から4年目 後遺症の法的処置や訴え

本日、消費者庁からレーシック手術に関する注意喚起が行われました。
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/131204kouhyou_1.pdf

本年、9月24日に「レーシック難民を救う会」から、レーシック被害状況に関してのレポートを提出させていただき、それを受けて、消費者庁において大規模な調査を行っていただいたそうです。その結果によると、レーシックを受けた方の4割 (600名のうちの) に何らかの後遺症が発生していたそうです。

この報道を受けて、下記の番組でもレーシック被害がとりあげられることとなりました。ぜひ、ご覧ください。

  • 本日 12/04 - 23:00からの「ニュース23」TBS
  • 明日、12/05 - 朝6時台から7時台にかけての、「おはよう日本」NHK

またこの問題について、医療被害を扱う弁護団にて、12/21 (土) の午前9時15分から午後5時まで、専門の電話相談を実施する流れとなりました。番号は03-6869-8391です。少しでも、レーシック後遺症に苦しまれている方は、この機会をご利用いただければ幸いです。

 

レーシック後遺症に関しての医療問題弁護団相談ホットライン

実施日時 : 12/21 (土) 9:15から17:00まで

電話番号 : 03-6869-8391

 

書きたいことはたくさんあるのですが、これからお仕事なので...一言だけ。

みんなの党の三谷先生、秘書の山下様、医療問題弁護団・弁護士の高梨先生、一緒にたたかってきたハルコさん、バッジョさん、会のスタッフの皆様、そして私を支えてくださった「レーシック難民を救う会」の全国のメンバーの方、会の先輩方、会を陰で支えてくださっている方に、心から、心から、感謝を伝えたいと思います。

そして、ブログでバックアップしてくださいました、人気ブログの染井さんをはじめとする全国のレーシック難民ブロガーの皆様、本当に皆様の地道な努力のおかげです。

今まで痛みとか悲しみや後悔の涙ばかりの「くろねこの涙」でしたが、今日は感謝の涙の「くろねこの涙」です。

...しかし、産まれて初めてのテレビ取材...

どうしよう。せめて痩せておけばよかった。