読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

眼調不良のてんこ盛り @ Level 4.5

後遺症緩和の療法・グッズ 手術から3年目

どうもこの2週間ほど眼調不良。仕事が終わって家に帰ると身体は元気なんだけれど、眼鏡をかけていても焦点が合わない、眼の表面が痛いし何をやっても痛みが治まらない、眼の奥が鉄の棒で殴られたような痛みで吐き気・めまいがする、というどうしようもない状態。

私の場合、ここまでひどくなった際に唯一効き目があると思われるのは、デパスを飲むことと、「右目を眼帯パッチで隠して、しばらく左目だけで生活をする」という荒治療です。右目を見えない状態にすると比較的痛みが楽になる、というのは、誰から教えられた方法でもなく、なんとなく自分で実験を重ねてたどり着いた方法です。後から、被害者の会の皆様に相談をした際に、同じような方法で痛みや見え方の問題を乗り切っている方が多いことを知りました。

私の場合、眼の奥を鉄の棒で殴られるような痛みは、ほぼ毎回右側だけに発生します。そのため、左目を隠すよりも、右目を隠すほうが効果があるのです。ただ、職場や外出先で眼帯をしているとあまりに目立つため、自宅にいるときしか、眼帯パッチを使用することができません。職場でも、本当に痛みがひどいときは何とか右目を隠して仕事を続けたいのですが...さすがに仕事に支障が出る。何か良い方法はないものか。

この症状は、斜位がひどくなっているときにおこるのかもしれません。本来はあっちを向いている眼達が、一生懸命目の前のひとつの画像に焦点を合わせようとして疲れ果て、なので片目を隠すことで焦点を合わせる必要もなくなり、若干眼調が良くなるのかもしれません。

今、人里離れた実家に来ています。田舎ならではのサラウンド巨大スピーカーに、映画館か!と思うほどのでかいテレビが居間に鎮座。家族が、現在はまっているミュージカルのDVDを、これまた大音量で観ました。むっちゃ感動したんだけど、眼が限界。それを見ていた家族からは「くろねこよ、頑張っていろんなものと闘わかあかんで、負けたらあかんで」という訳のわからない激励が。そもそも、もっと田舎の故祖父母宅の自動開閉式金箔貼り付け仏壇など、見ているだけで失神しそうになる...

... 皆様からレーシック後の被害レポートをいただいた後、レーシック被害者の会では、みんなの党・三谷英弘先生、そして関連の関係各所からサポートいただき、調整を続けています。議員会館にも何度もお招きいただき、次のステップに向かうための準備をさせていただいております... ...今しばらくお待ちください。

f:id:Kuroneko773:20130916112013j:plain

眼鏡をかけたまま眼帯をすることができるので、重宝しています。おまけに、涙流症の涙も吸収してくれるので大助かり。

ププレ 貼る眼帯 10枚入

ププレ 貼る眼帯 10枚入