読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

目瞼けいれん ボトックス治療 3日目 @ Level 3.5

手術から3年目 治療経過 - 眼瞼痙攣

ボトックスを眼の周りの筋肉にしてから、3日以上がたちました。

今のところ、大きな副作用も無ければ、このブログを卒業できるほどの劇的な効果も無い…です。お医者さん曰く、施注後1週間程度で効果が最大限になるということで、来週の半ばに期待ですが、ね。

注射をしたなーと本格的に感じ始めるのは、注射を行ってから2日目でした。それまでは、全く何も変化が無かったので、注射をしたことさえ忘れていた位です。

 

今のところ感じる良い効果:

  • 眼の痛みから、眼をぎゅっぎゅっと定期的に閉じる癖が若干治まりました。眼を強く閉じることが自体が難しくなるので、自然に癖が出にくくなりました。
  • とにかく涙が出てくる、溢れてくる。涙点プラグを上部だけ外そうかと考えている位に、涙があふれ出しています。涙点プラグを外す件は、今週の術後診察の時に相談してみます。

今のところ感じる副作用:

  • 眼を強く閉じるのが難しくなります。特に生活に問題はありませんが。
  • 眼の上まぶたの辺りが重ダルく感じて、少し違和感があります。おもーい、だるーい感じがあります。
  • 眉のあたりが突っ張るような感じがするので、施注後2日目辺りまで、薬を必要とする頭痛が復活しました。今は治まっています。

ということで、

ボトックス注射には、今のところ、費用に見合うだけの効果がほとんど無いというのが正直な感想です。逆に言うと副作用もほぼ無いので、私が危惧していた更なる副作用は発生しませんでした。

 

しかし、

眼の表面の痛みも、眩しさも、眼の奥の痛みも…

肝心な症状はどれも全く変化がありません。

特に顔の表情にも変化はありません。

 

寒い空気に当たるだけでヒリヒリと痛む眼の表面。

 

最近思います。

いろいろな病名が、これでもかとつきましたが、この私の病気は

「レーシック後遺症候群」

みたいな....

レーシックをしたことによる眼の見え方の変化、角膜神経の切断、過矯正、自律神経の問題などが複雑に絡み合った、全く未知の「新しい」病気なのではないかと。

 

この未知の病に対して、既存の治療は全く歯が立たないのではないか、と。