読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

顎が突然開かなくなったその後と、放浪生活 @ Level 4.8

手術から4年目

ほぼ半年前辺りから巻き込まれていた面倒事がさらにやっかいになってしまい、現在、都内をプチ放浪 ? するという事態に陥っています。

これからしばらく、インターネットに接続できない状態が続きますので、更新が不定期になります。その為、いただいたコメントにも、全然回答できず本当に申し訳ありません。ただ、ちゃんと元気をいただいています!ありがとうございます。

巻き込まれた面倒事は、レーシックと直接的な関連性はありません。

ただレーシック被害の後、私自身の生活が一変し、生活や仕事のスタイル、人生の方針、お金の使い方も大幅に変更しないといけなくなったため、その副作用という形で周りの人間関係に大きなヒビが入ってしまいました。そのため、このような大きなトラブルに発展した可能性も否めないなと思います...。

逆に言うと「健康でずっと働けるという前提で築き上げたものをいったんゼロに戻し、レーシック後の体調・眼調不良と不安を抱えた身体を前提に、今の自分に適した新たな人生と人間関係を再構築できる」とても良い機会になったともいえます。

今、この巻き込まれたトラブルの詳細を書くことはできませんが、レーシック被害を抱えた人以外にも役に立つ内容が含まれていると思いますので、落ち着いたら別コーナーでちょっぴり公開してみたいとも思っています。

 

さて肝心の顎ですが、口腔外科のある大きな病院へ行き、正式に「顎関節症」という診断を受けました。週に2日、レーザー治療とマッサージをするだけで、他に目立った治療は行っていません。発症してから1ヵ月以上たった今、肉やフランスパンなどの固いもの以外の食べ物は、何とか食べられるようになりました。ただ、痛みはまだ続いています。

口腔外科の先生曰く、眼精疲労やパソコン作業などで眼を酷使すると、眼からつながる顎の筋肉に負荷がかかり、顎関節症になるというのは良くあることだそうです。なので、レーシックで合わない視力になり、眼精疲労がひどくなり、その眼精疲労によって顎に症状が出るというのは考えられない事ではないそうです。もちろん、レーシック手術が成功し身体にあった視力になった人の場合は、眼精疲労もそれほど起こらないので、顎関節症の心配もありません。

 

...折角少しはまともなものが食べられるようになったのですが、冷蔵庫も電子レンジも無く、風呂も共同な安宿に避難しているせいで(涙、麺以外のまともな食事にありつけていないのが悲しいところ。

あと数日で、もう少しまともな所に移動できる手筈が整っているので、しばらく東京のアンダーグラウンドで放浪を続けます。