読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

山は登るよりも降りる方がつらいんだな @ Level 3.8

とにかく、このゴールデンウィークは自分の歴史に残る、つらい数日だったような気がする。多分、一生この数日の事は思い出したくない。

東京中をぐるぐる徒歩で歩いて、次に住めそうな場所を探した。変な不動産屋にも出くわしたし、休み中だというのに数分で次々と内覧の予約を入れてくれるやり手の営業さんにも出会った。...落ち着いたら、この不動産探しの事についてもブログで書いてみようと思うけど。とにかく、毎日毎日サングラスをして、薬は飲まずに!、ただひたすら歩き回っていたような気がする。

精神的・肉体的なつらさの限界がきて、何度も記憶が飛び飛びになっている。川沿いのベンチにぼんやり座り込みながら、気が付いたら夜になっていて、泣いていたことも何度もある。眼が痛い、住むところが無い、いろいろやばい!はぁ。

でも、自分が動かなければならない。自分が動かなければ、安らげる場所も仕事も、なによりも大切な健康も、指の隙間からどんどんと零れ落ちてゆく。

眼が締め付けられるように痛い。コンタクトレンズが一番楽だけど、5時間程度の装着が限界だ。コンタクトを外すと、そのあとに拷問のような眼の表面の痛みと、眼を開けていられない眼の奥の痛みが押し寄せてくる。コンタクト装着後の痛みが一体何なのか、全く分からない。

日によって、プリズム遠近眼鏡が全然合わない日もあるし、裸眼の方が楽な時間帯もあるし、プリズムの入っていない老眼鏡の方が楽な日もあるし、なにをどうしようと痛くて痛くて世をはかなむ日もあるし。自分の眼だけが、身体から分離して暴走している。何も楽しめないし、あれほど元気だった身体すら動かないし、とうとうメンタル的にもう限界が来たのかと思ってしまう。

...いったん離脱するしかない。この戦いから。いったん登った山を下りて、自分の生活を建て直し、また挑戦する機会をうかがうしかない。いろんな意味で、人生の再出発。

おかげさまで、次に住むところが見つかりそうだ。感謝!

それに、毎日毎日飽きずに不動産のサイトを観ていたら、何とブログ更新の際に、レーシックの広告が出なくなったよ、不動産の広告が表示されているよ。良かった。引っ越し先が決まった後も、どんどん不動産のサイトをクリックすることにしよう。