読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

調節麻痺・散瞳点眼剤を辞めていたら、仮性近視になってしまった @ Level 3.5

手術から3年目 治療経過 - 調節麻痺・散瞳点眼剤

前回のブログの内容を染井さんはじめ、Visionさんにも取り上げていただきまして、本当にありがとうございました。

レーシック後に後遺症を発症した人々は「レーシック難民」と言われています。そのネーミングのとおり、手術をした病院に通っても治療への積極的な働きかけやサポートはほぼ皆無。その後、少しでも症状を緩和させようと、ありとあらゆる眼科をめぐる放浪の旅が始まります。良いと聞けばどこの眼科へでも、予約を入れて駆けつけます。蜘蛛の糸のような、細い細い希望でも、少しでも痛みを感じない日常が戻るなら、健康に働き続けられるならと、貯金を崩して診察に出かけてしまいます。

難民の旅は国内のみでとどまる訳ではありません。

南アメリカ、ロシア、ヨーロッパ、東南アジアなどでレーシックを受け、後遺症を発症した患者さんは、国を超えて治療に通っているケースも多々見受けられます。東欧で手術を受けた若い男性が北欧のノルウェーまで飛行機で通って治療を受けたり、カナダ西海岸で手術を受けた女性が、アメリカ東海岸まで治療に通っているケースも日常茶飯事です...。

 

さて、先週T眼科へ受診に行きました。調節麻痺・散瞳点眼剤を1か月以上やめてしまっていたので、「きゃぁ先生に怒られるかもー」と思ったのですが、先生には正直に目薬が身体に合わなかったことを言いました。

検眼したところ、何と!近視になっている!

くろねこ「先生、近視になっているんですね!やったー、レーシック前の眼に戻れるんですね。このまま近視が進まないかなぁー。」

先生「間違っています。この近視はね、眼が緊張して、眼精疲労が蓄積されて悲鳴を上げる寸前だという証拠なんです。数週間前に、+1.5まであった眼が、急に近視になることはないですよ。これは、眼精疲労なんですっ。だから、喜ぶどころか危惧しなきゃいけなんですっ。」

先生には再度、サイプレジンをもっと薄めたものをいただきました。

ただ、来月には遠い眼科で最後の?セカンドオピニオンをいただく予定なので、その診察が終わってから、治療を再開したいと思っています。

連休は、ただひたすらジムに通い続けました。+1.5のコンタクトをつけて、運動しているときが一番幸せ。泳ぎが苦手なのですが、初心者レーンで休み休み泳いでみました。今年の夏は、治療ビンボーなのでどこへも行けません。その分、会費を払っているジムに通って、プールを満喫しようと思っています。少しは泳ぎが上手になるといいんだけど、25m泳ぐとゼイゼイしてしまう...。

本当は海に行きたいな。

夏らしいこと、いっぱいしたいな。墓参りも、畑仕事も、ビーチも、山歩きも、ドライブも...なんでこんなにハードルが高くなってしまったんだろう。

 

後遺症被害レポートの第二弾の締め切りは7月20日、あと5日です!

詳細はこちらです。第一弾の被害レポートは、レーシック難民を救う会 (レーシック被害者の会) の担当者から、みんなの党の三谷英弘先生へ提出させていただきました。今回のレポートに間に合わなかった方は、第二弾のレポート (7/20締切) にてお願いいたします。

被害レポートを提出していただいた方には、今後、レーシック難民を救う会 (レーシック被害者の会) の方から、その後の情報などのアップデートをさせていただきます。

被害情報をお待ちしています - http://lasikmutualjapan.jimdo.com/