読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

調節麻痺・散瞳点眼剤を使用した治療 15日目 @ Level 4.5

ミオピンとアトロピン 0.01% の治療を始めて、15日目に入りました。

正直、今週はつらかった。ゴールデンウィークの休みの間はほとんどパソコンやテレビなどの電子機器をみていなかったので、余計疲れを感じたのかもしれません。また、調節麻痺・散瞳点眼剤によって、眼鏡をかけていても、見え方ががらりと変化してしまっていました。

幸いなことに今週は外出や出張がほとんど無かったので、何とか病欠を取らずに出勤できましたが、今日は午後4時位に眼の疲れから吐き気、頭痛などに悩まされてしまい、1時間ほど近くの公園でゲロゲロダウンしてしまいました(涙。

良いのか悪いのか分かりませんが、眼精疲労からゲロゲロ= 吐き気・嘔吐 が発生した時には、タナベ胃腸薬 <調律> の粉薬を飲みます。なぜか、30分位で何となく効いてくる気がするのは気のせいかな...吐き気止めはいろいろ試しましたが、なぜかこれが一番効きました。

ただし説明書をみると、「緑内障の人は服用しないこと」とあります。眼に良くない作用があるのかなぁ、と若干不安になりながら服用。他の市販薬にも、結構この「緑内障の人は服用しないこと」の記述があるので、最近説明書をよく見るようになりました。一体、眼と、どんな相互関係があるんだろう...飲んだらいけないのかな???不安ばかり。