読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

調節麻痺・散瞳点眼剤を使用した治療 1週間目 @ Level 4.0

治療経過 - 調節麻痺・散瞳点眼剤 手術から3年目

T眼科から処方されたミオピンと、アトロピン 0.01%での調節機能治療を始めてからほぼ1週間がたちました(このブログには時差があります)。

これは、眼の調節機能や溜まった眼精疲労などをいったん緩めて、再度、眼の調整力に作用されない素の視力を検査を行うための治療です。ネットなどで検索をすると、一般的には子どもの弱視や遠視などの検査に使用している薬のようです。

ただし他のレーシック被害者(レーシック難民) さんのなかには、夜にアトロピンを点眼すると、次の朝に眼の奥や表面の痛みが緩和されるという方もいらっしゃるとのことで、ちょっと期待。一体、ミオピンとアトロピン治療は私にはどう作用するのでしょうか?

 

良くなった点:

  • 朝起きた時に、眼の疲れが取れている。そのため午前中は調子が良い。ただし、見え方が良くないため午後からはがくっと疲れる。

困った点 :

  • とにかく眩しい!晴天の日の外出、車の運転、自転車の運転などは全くできなくなる。サングラスをしていても、横断歩道の白い色で頭を殴られるような感じ。景色全体が白くぼやけて良く見えない。
  • 点眼を続けて3日目位から視力ががらっと変わり、1日のなかでも変動する。既存の眼鏡がどれも合わなくなり、近くも遠くも見えづらくなる。
  • でも、裸眼だと眩しさと見えづらさで、5分もたたないうちに頭痛や吐き気が起こる。
  • パソコン作業はなんとかできるが、画面を暗くしないとつらい。また、長時間はつらい気がする。
  • 近くが見えづらい。どれもぼんやり輪がかかったようにみえ、細かいものが見えない。
  • 色の区別がますますつかなくなる。黒色の上に濃い緑のものが置いてあっても、全く区別がつかない。
  • なぜかテレビが全く見えない。白い文字や白い背景が光って、文字通り、遮光レンズの近用眼鏡をつかっていても見えない。何となくテレビに出ている人の性別がわかる程度。
  • 暗いところから明るいところへ出ると、数分間失明状態になる。世界全体が明るい白色になって昇天...。

 

私の場合、治療の前半がゴールデンウィークだったので、外出や仕事をする必要がなく、かなり助かりました。これで車の運転をしなくてはならない仕事が入っていたら、アウトです。他の人に代わってもらわないといけません。また、晴天時の外出はかなりしんどい状態です。

今後、調節麻痺・散瞳点眼剤を使用する治療を考えている人は、できるだけ車の運転や晴天時の外出を必要としない時期に行った方が良いかもしれません。