読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

海外出張時の眼の痛みのしのぎ方 @ Level 5

 

とうとう眼の痛みがLevel 5を超えてしまいました。眼を開けていても、眼を閉じていても激痛。ただ眼の表面の激痛と付き合い始めてから、もう3年近くもたとうとしているので、痛みをしのぐ方法は何となくわかってきました。

ただし今回は、零下20度といういまだかつて経験したことがない冷気との闘い。顔などの外気にさらされる皮膚は真っ赤になって痛いし、眼鏡をしていても冷気で眼の表面が痛んで、涙がだらだら。手も一気にひび割れて、血がだらだら。顔中ぐちゃぐちゃ。メイクなんぞする意味も無い状態なので、毎日すっぴんすっぴん!

こんな寒さのなか、現地の人は...自転車通勤ってありえない。雪が降りしきるなか、自転車こいで出勤って尊敬に値します。

 

出張時の眼の痛みのしのぎ方:

  • 湿気が重要!ホテルではバスタブがあればお湯を張り、バスタブが無ければ、シャツや靴下などを洗って、ベットの近くに干しておきます。古いホテルだったら、ベットの近くの床の絨毯に水をばらまいておくという方法も(たぶん嫌がられますが)。
  • 女性の場合は、できるだけ出張が生理や生理前 (私の場合は、痛みがひどい) と重ならないように、低用量ピルなどで調整。これは身体に合う合わないがあると思うので参考までに。ただしピル服用時に出張が重なると、かなり眼が乾いてしんどい思いをするので、事前に調整しておきます。
  • とにかく睡眠を確保。睡眠薬に頼ってでも、できるだけ寝て眼を休めます。睡眠薬を使いたくない人は、アルコールでも良いかも。ただし、両方を混ぜたら危険!
  • とにかく、水をたくさん飲む。カフェイン入りではなく、水あるいは炭酸水を飲みます。身体が水分不足にならないようにします。
  • 機内では通路側を死守!眼とはあまり関係ないのですが...腰痛持ちなので。通路側が確保できていなくても、チェックインをかなり早めにすると、通路側に移動できる確率が高くなります。
  • 寒い場所への出張は、プロテインと野菜がメインの食事をとる。これも理由がよくわからないのですが、炭水化物がメインの食事よりも、肉&サラダ系生野菜を食べたほうが、冬の海外出張時に限っては体力が持ちます。ただし、東南アジアやインドなど、暖かい場所への出張時は逆...炭水化物&炒め野菜が安全。肉は危険。
  • 濃いめのサングラスを必ず持っていきます。もちろん、眼鏡、目薬など忘れずに。
  • 一回の出張では、できるだけ1つの地点に滞在できるようにします。一回の出張で連続2-3ヶ国、あるいは2-3都市をまわるようなスケジュールだと、例え同じタイムゾーンであったとしても、国内移動であったとしても、眼が腫れて開かなくなる激痛レベルになります。特に、時差がある場所を2か所回らないといけないときには (例 : インドとシンガポール)、いったん自宅に戻り、1週間日本で調整してから再度出動します。なぜか、連続移動がよくないようです。理由は不明。
  • 日本から手拭いを持参して、眼を温めたり、冷やしたり、臨機応変に対応。痛みがLevel 4以下(眼を閉じたら痛くない) のときは、手拭いを熱湯に浸して、少し冷ましてから眼にあてます。Level 4以上 (眼を閉じても激痛) の痛みがあり、眼が腫れたりしている時は、冷やしたほうが効果があるので、氷をもらってタオルを冷やしてあてます。
  • 市販の濡れマスクを持参。寝るときは、濡れマスクで眼・鼻・口を全部覆って寝ます。
  • ホテルにバスタブがあれば、出来るだけつかって身体を暖めます。その時に、塩が含まれた入浴剤を使うと効果倍増。現地で普通の塩を買って、それをどばっとバスタブに入れても効果があります。
  • 眼が痛いと、正直集中力が無くなるので、物をなくしたり焦ったりしやすくなります。ですので、かなり時間に余裕をもって行動するようにしています。私は健康だった頃の倍の時間を見越して、行動!はぁ。
  • 冷気にあたらない。せっかくの海外だからと、街をうろうろしたりしていると、眼が痛くなります。お土産はついたときに、空港で買う(涙。
  • 出張なのに矛盾していますが、パソコン、テレビ、Kindle、などなどは出来るだけ見ない。紙の本が一番眼に優しいので、重いですが紙の本を持ち歩いています。
  • ホテルではYou Tubeやらにこにこ動画にアクセスして、音楽を聴く。

...レーシックにより眼の表面が痛いという後遺症を発症し、かつ、出張が多い仕事を (かろうじて) している人がどれだけ居るかわかりませんが、参考になるかと思い、羅列してみました。要は、化学物質に依存して、とにかく1回の出張を乗り切るために命を縮めているだけ、という気もしますので、こんな惨めな人もいるという程度の参考にしてください。

出張が多いからレーシックをした、という何ともいえないやりきれなさ。

 

P.S.

をい、眼が激痛なのに、なんだよこの長文!と思った方には...実はこのブログ自体に、かなりの時差があります。