読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

夜勤 @ Level 3.8

とりあえず眼をぎゅっぎゅっ、
と押しながら夜勤続行中。つれぇーーー。
(眼は押しちゃいけません)

今までの治療の簡単なまとめ

こんなに2年間、
いろいろ治療にトライしてきましたが、
今のところこの3つの治療と、1つに薬に集約されています。


1) 目薬と涙点プラグ

  • ムコスタ点眼薬を日に4回
  • 眼が乾いたときのみ、ジクアス

今までいろいろ使っていましたが、
使っても使わなくても、
あまり眼の表面の痛みに
変化はありませんでした。

ということで、
今はこの二つの目薬のみ使用しています。

ムコスタ、本当に扱いに苦労しますが、
悪くはないです。ジクアスほどの即効性はありませんが、
じわーっと効いている、という感じはあります。

でも、まぁ、
眼の表面の痛みに、
あまり変化は無いようで…。


あとは、
涙点プラグを涙点4か所
すべてに埋め込んでいます。


2) プリズム遠近両用眼鏡

とにかく眼鏡でだいぶ救われました。

とある眼鏡屋さんの先生に
出会わなかったら…

今の私はありませんでした。


眼鏡が無かったら、
仕事を続けることは
出来なかったと思います。

今では眼鏡が生命線のようなものです。

疲れが溜まっているせいなのか、
最近視力変動があるので、
また眼鏡を調合してもらいに行ってきます。


3) 運動

眼精疲労、肩の凝りや頭痛は、
眼鏡でかなり解消されました。

眼の表面の痛みは解消されませんでしたが、
身体の痛みは解消されたことを、
断言できます。

そうはいっても、
レーシック難民。

疲れが溜まると、
身体の痛みが発生します。

そんな時は、
とにかく痛い身体を引きずって、
ジムで身体を動かす。

…ジムでの運動も、
私の生命線です。


4)レンドルミン

使用率をできるだけ減らしていますが、
不規則勤務、海外出張、
眼の痛みでどうしようもない時は、

レンドルミン
(睡眠薬)
を使用しています。

ただ、最近では
準夜勤や出張の時のみの使用に限定しています。