読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

飲み薬 @ Level 4.5

手術から3年目

眼の表面(角膜表面)の痛みが
ひどいうえに、
治療に行き詰まってます。


私は眼の表面が毎日馬鹿みたいに痛い、
ヒリヒリビリビリガリガリザラザラジェリジェリ、
いたいいたいいたいいたいいたいいたい痛い。

あとは、
世界がすべて眩しい。


という以外は、
吐き気や眩暈などの、
身体的症状は全くありません。


…難民の中では、かなり恵まれています。


眼が痛くて落ち込みますが、
鬱ってほどでもありません。


近くが見えませんが、
まぁ、メガネで何とかなっています。

肩こり、頭痛、腰痛なんかはありますが、
まぁ角膜表面の痛みと比べると、
周りにも理解してもらえますし、
マッサージ通ったりでしのげます。


ですので、
今まで精神科系?の薬を飲むことに、
かなりの抵抗があったのですが、

そろそろ心療内科へ行ってみることも、
考えなくてはならないのかなと、
思っています。


私は鬱じゃありません。
ジムへ通えるほど元気です。

特に死にたくもありません。
会社にも毎日元気に行っています。
ご飯ももりもり食べてます。


でも、痛みを緩和するために、
向精神薬に頼らざるを得ない、
そういう状況に、
追い込まれるのかも、
しれないんですよ。


レーシックの後遺症の緩和のために、
鬱にも効く薬を飲んでいるのに、

鬱病だから、
眼の症状を訴えているに違いない、
レーシックが悪いんじゃなくて、
もともと心を病んでいたんだ。


と問題をすり替えようとする、
そんな業界の構造が見えてきませんか?


私は、
痛みの緩和のためなら、
合法的な範囲でなんでもやります!

別に命が多少縮んでもいいです。
(本当は嫌ですけど)

太く短く、
痛みが無くなったら、
世界を旅行して、
ぽっくり長生きして逝きたいですわ。
(太く長く、の間違いですね)