読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

Over the Rainbow @ Level 3.8

どうしても避けられない用事があって、
東京の端から東京の端まで、
朝から移動しました。


秋晴れの行楽日和。
太陽が町を照らして、
本当に素敵な週末です…


が、


私はあまりに眩しくて眩しくて、
今からすぐにでも、
曇りに、あるいは雨に、
なることを、
心から祈るしかありません。


これからどうなっちゃうんだろう?
今後、眼の具合が悪化して、
働けなくなったら、
どうすればいんだろう?


















いろんな不安が、
渦巻きのように、
明日の世界を侵略していきます。

眼の痛みは毎日、
錆びた古い家の鉄骨が浸食されていくように、
私の心身を見えない形で浸食しています。


都心の街を歩きながら、
日差しの強さに、
眼を固く閉じて、
うずくまりました。


この先、どうなっちゃうんだろう?


私の大切な人は、
ずっとずっと前に、
自殺しました。


とある病気を抱えていて、
仕事を辞めざるを得なくなり、
年金をもらうには若すぎて、
生活保護も打ち切られ、

でも、

貧しい生活をしていたために、
国民保健などにも入っていませんでした。


彼は、
真面目に真面目に、
毎日働いていました。

東京の街で、
バイク便の仕事をしていましたが、
闘病のためにバイクをてばなさないといけなくなり、
自動的に仕事も無くしました。


彼の病気には、
確固たる、
データに基づく診断が、
つきませんでした。


内科的な病理学的なデータに表示されない、
病気だったからです。




・・・彼の無念を、
今私が背負っているような気がします。



ずーっと昔の、
話です。


今では、
彼の、当時名前のつかなかった病気には、

双極性障害
という名前が付きました。