読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

プリズム遠近眼鏡 使用継続12日目 @ Level 3.4

手術から2年目 後遺症用の眼鏡やコンタクト

「眼が身体に合わないんです」
というと、みんな
「はぁ?」
という反応をします。


眼が身体に合っていません。
身体を眼に合わせることは、悲しいけれどできません。
どうしたらいいんでしょ?


プリズム遠近両用眼鏡をかけはじめてから、
分かった事があります。


眼の表面の痛みがあまりにひどいので、
眼の見え方や眼精疲労などの後遺症に、逆に私は気付かずにいました。


眼鏡が身体に合ってきて、
眼の奥の痛みと、
あの頭を締め付けるような頭痛、
そして何と肩こりまでもが、

…かなり楽になってきたのです。


今まで私はこんなに眼に力を入れて、ぎんぎんに眼の筋肉を引っ張ってモノを見ていたんだ。

近くのものが二重に見えているのを、眼の筋肉をぎんぎんに使って、一生懸命ピント合わせようとしてたんだ。


残念ながら、見え方は楽になってきたのですが、
眼の表面の痛みは相変わらずです。


夕方18時を超えると、
見え方も辛くなってきます。


さてさて、A眼科医院からいただいたコンタクトレンズですが、
仕事が忙しくなる明後日から、使用開始してみます。



増えるいっぽうの難民グッズ
(サプリメントや飲み薬以外)

これ以外にも、会社には2つ眼鏡が置いてあります…