読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

扱いに苦労した「ムコスタ点眼液」

後遺症用の目薬

2012年1月に発売されたのが、「ムコスタ点眼液」です。

涙液異常に伴う角結膜上皮障害が認められ、ドライアイと診断された患者さんに処方され、1回1滴、1日4回点眼するとされています。

ムコスタという名前を聞いたことがある人もいらっしゃるかと思いますが、胃の粘膜の炎症などを抑える胃薬「ムコスタ」と成分が一緒らしいです。胃薬の方の「ムコスタ」は、ロキソニンなどの胃を荒らす可能性の高い鎮痛剤とセットになって処方されて来ることが多いです。

ところがこのムコスタ点眼液、「単に胃薬のムコスタを水に溶かしただけなんちゃうの?」という代物でした(あくまで私にとっては)。

目薬なのに色が真っ白。点眼した後は「てぃらりーん♪眼から牛乳♪」
で、そいつが乾くと大変な顔に。同僚に何度かマジで笑われました。

また点眼した後数時間は口の中も苦くなり、胃まで良くなっちゃいそうです。

で、ひとつひとつ使い切りのパッケージになっているのは衛生上ありがたいのですが、残った点眼液を黒いスーツのポケットなんかに入れておくと…白い染みがばっちり...
ということで1日の必要分を別の容器に入れてみたり。

悲しいことにこれだけ苦労しても、私の症状は改善されませんでした。

仕方ないのでジクアスと混ぜてマイ調合目薬を作成!
でもジクアス単体の方が楽…顔に線つかないし。

何だか楽しく?なってきて、大量に処方されている胃薬の方のムコスタをサンティアで溶かし、濾過して、点眼薬の自作をしてみましたが、眼がべたべたするだけでこちらも効果ナッシング。(絶対に真似しないでください)

最近ではこのムコスタ点眼液、あまり通常の眼科に置いていない場合が多いです。
使い勝手が悪いのか、それほど患者さんや先生からの人気が無いとか。

効果がある人にはとても効く薬らしいので、薬の色や、目薬をさしたあとに顔に白い筋とかが残らないように改良してもらいたいものです。

…とは言ってもジクアスと併用して、まだ使っています。



私が勝手に容器に入れたムコスタ点眼薬


通常の使い捨て容器に入ったムコスタ点眼薬