読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこの涙

レーシック難民になってからの記録

レーシック手術の直後から発生した私の後遺症

私の症状は、「医師の所見で原因が特定できない、重度のドライアイの症状に似た眼のヒリヒリ感と、激しい眼の表面の痛み」につきます。とにかくこの症状を緩和・治療するのが最優先です。


他の症状としては、

  • 蛍光灯やテレビ、パソコンの光が眩しいです。職場では薄い色のついたPC用の眼鏡をかけ、外ではサングラスをかけています。(ハロー・グレアという後遺症ですが、コントロールできる程度です)
  • 肩こり、頭を締め付けられるような頭痛、眼の奥の痛みがひどくなりました。
  • 軽い眩暈というか、まっすぐな物が真っ直ぐに観えずに、視界がぷるんぷるんとゼリーになったように一時的に歪む?ずれる?という不思議な症状がありますが、パワーポイントで資料作る時以外はそれほど気になりません(真っ直ぐに棒がひけないのですよ)。→後に外斜位と判明。
  • 術後半年〜1年目辺りから、老眼が始まったのか、手元に視点が合わなくなってしまった。手元や近距離がすべて二重に見える。術後数ヶ月目から、パソコン作業中は +1.0 の老眼鏡をかけているが、眼の表面や奥の痛みの緩和は無し。→ プリズム遠近両用眼鏡で緩和。老眼と外斜位の問題で発生。
  • 術後半年後辺りに、頸椎ヘルニアを発症しましたが、レーシックとの因果関係があるのかどうかは分かりません。→後日談ですが、とある大学病院の先生により因果関係があることが判明。
  • 眼の痛みから眠れない日もあり、その場合には睡眠薬を使用するようになりました。
  • 空気に触れないよう、眼をいつもすぼめているせいか、眼つき悪くなりました…
  • 常に眼の調子が悪いこともあり、ちょっと人生やけっぱちになってきたかも…(涙